下腹に脂肪は年齢とともについていくのです。痩せていても、太っていても、標準でも😞

下腹に脂肪は年齢とともについていくのです。痩せていても、太っていても、標準でも😞

2019年11月29日(金)7:23 PM

今月は、脚と、体幹を特に意識してヨガを行ってきました。

脚を強く使い、足元を意識する。
お腹を締めることを意識する、または、使うことで体幹を鍛える。

女性は30代から、腹部(体幹部の大部分)に脂肪が付いていくそうです。
(タニタHPより)

痩せていても、下腹が出ているという人は少なからずいます。

若々しく見える体型とは、
女性はウエスト周りや腕、肩は細く、腰回りや太腿には脂肪がついている

男性は腕や脚はガッチリしており、お腹は脂肪が少なく締まっている

つまり、年とともに、逆になりやすいということでもあります。
お腹が出てくるのは、共通ですかね(苦笑)

それに対処すべく、ヨガで実践をしたということですね(笑)

今週は、「ナヴァーサナ」にチャレンジでした。
「船のポーズ」
これは、腹筋があるかないかがわかりやすいです。

腰が心配な人は軽減法で行います。

お腹周りは、日々の意識だと私は考えています。
特に腹筋運動をしなくても(できれば行ったほうが効果は速いと思いますが)、
歩く姿勢や立つ姿勢を意識するだけでも、充分に締まってくると思います。


体幹が強いと、お腹もあまり出ませんし、姿勢も良くなる、バランスが良い、
肩こり・腰痛の改善にも効果があるといいことづくめです。

日頃から、少しずつ意識してみましょう。

 


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。