調子が悪いと更年期のせい。それはそれであっているかもしれないけれど、何かなあ~😞

調子が悪いと更年期のせい。それはそれであっているかもしれないけれど、何かなあ~😞

2020年01月29日(水)7:17 AM

更年期。私は、第二の思春期と名付けて(なんか可愛い)います。
第二のホルモンの変化。
お年頃の女性で体調が優れないと、
「来たか。」
と、考えます。

更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります。
個人差があって、早い人だと40代に入ったころからあります。

寿命はどんどん長くなっていくのに、閉経だけは年齢があまり変わらない。

ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、すべての女性が更年期障害を起こすとは限りません。

当スタジオの生徒さんに聞いても、
「全く感じないで過ぎた。」
と言う人もいれば、
「病院をとにかく巡った。どうしていいかわからなくて、辛かった。」
と、言う人もいて、様々です。

更年期の症状は色々あります。
イライラ、不眠、気分の落ち込み、不安感、頭痛、めまい、冷え、
ホットフラッシュ、肩こり、腰痛、頻尿…。
なんでも、当てはまってしまいます。

厚生労働省研究班作成のヘルスケアラボのサイトでは、
「更年期だからと自己判断せず、婦人科で診断を」
と、あります。
安易になんでも「更年期だから」と片付けてしまうと、
他の病気を見逃していたということもあるからだそうです。

私も婦人科で検査しましたよ。
エストラジオール(エストロゲン)は基準範囲内でしたが、脳下垂体ホルモンに更年期の陰りが。
私は、漢方薬を勧められました。

2018年12月12日の朝日新聞の記事に
「更年期ホルモン療法 再び注目」の記事があります。

ホルモン療法で改善された人の体験談がのっていました。

ある生徒さんも、
「ホルモン療法ですごく楽になった。」
と、話してくれました。

今、
「更年期かな?調子が悪いな。」
と、感じている方。
一度、婦人科で調べてもらうといいかもしれません。
医学的にわかると、
「やっぱりね。」
と、対処の方法が増えます。

気合でなんとかなるなら、していますし。
なんとかならないのが、更年期症状。

「外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、
上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。」
と、ヘルスケアラボでも書いてあります。

ヨガも良いと、私は考えています。
呼吸法にも自律神経を整える呼吸法とかありますし、
なにより、
「自分のための時間。自分と向き合うための時間。」
というのがいいのでは、と考えます。
自分のためのストレスマネージメントですね。

気持ちよく心身に向き合って乗り切っていきましょう💛


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。