本当に、あなたの体、かたいですか?

本当に、あなたの体、かたいですか?

2017年10月28日(土)1:26 PM

ヨガを始めるきっかけのなかに、


「体が柔らかくなりたい。」
「柔軟性が欲しい。」

と、言う方がいます。

「床に全然手がつかない。」
「曲がらない。」

体が柔らかいことでのメリットは、


*血行が良くなり、基礎代謝が高くなる*

代謝が高いと太りにくくなります。

血行か良くて、代謝が良ければ、肌も新陳代謝は活発なので生まれかわりが活性化します。
つまりは、アンチエイジング効果になります。

血行が良いということは、血流が良いということです。
血は、栄養や酸素、老廃物等、色々運んでいるものです。
この流れが良いということは、疲れにくい体になるということです。

*怪我をしにくい*

例えば、足首が硬いと、捻挫になり易いですし、
ふくらはぎの筋肉が硬いと、肉離れを起こしたりします。
お相撲さんもよく股割りとかしていますよね。


スポーツをしている方は、関節の可動域がひろがるため、パフォーマンスが上がります。

さて、本題です。
みなさん、本当に、体、かたいですか?

「本当に、硬いの!」
って言う方もいるでしょう。

でも、脳でそう思い込んでいませんか?
脳で、フニャフニャなタコ
をイメージして柔軟行ったことありますか?


実はこれだけでもそうとう体が柔らかくなります。
生徒さんにイメージして前屈してもらうと、みなさん、
「あれっ!」
っと思うほど手が床に近づくか、つきます。

さらに、お腹側の筋肉を柔らかく巻き込むとあら不思議。
さらに、ベターっと床に手が近づくか、つきます。

「私、床に、手、つくんですね。」
と、ある生徒さんが驚いて言っていました。

イメージとやり方のコツを覚えるだけでも、体は変わっていきます。

是非、自分の変化を楽しんで下さい。






 


  |  

過去の記事

メディア掲載情報