何十年ぶりのマタニティ体験。幸せの記憶と大変だった記憶…マタニティヨガの資格取得

何十年ぶりのマタニティ体験。幸せの記憶と大変だった記憶…マタニティヨガの資格取得

2018年07月01日(日)9:12 AM

先日マタニティヨガの資格を取ろうと一念発起。
マタニティヨガの資格を取得しました。

先生はオーストラリアにお住いのエマ・グラント先生。
美人でやさしい笑顔の先生でした。
通訳のロッティ先生も美人さん。
素敵な先生に囲まれての授業でした。

急に一念発起しようと、腰を上げた理由は、
以前から、
「妊娠しているんですが、ヨガに参加したいのですが。」
との、問い合わせがあり、
さらに、後押ししたのは、私の生徒さんも妊娠し、
「先生、妊娠しました。ヨガやりたいんですが。」
との、連絡を受けたからでした。

「これは、頑張るしかないか。」
と、腰を上げた訳です。

実は、腰を上げるのを、誰かに、押してもらわねければ上がらない理由が私にはありまして、
妊娠中、安静の妊婦だったのです。

入院したし、安静を言い渡されたし。

「妊婦さんのヨガなんて、正直怖い。」
ってな感じですね。

元気な妊婦がよくわからない。
友人は、6ヶ月でビキニの水着きて、海水浴に行っていましたが、
もう、私はとてもとても。

でも今回の養成講座で開眼しました。
「あっ。元気な妊婦さんは、結構何やっても大丈夫なのね。」

深い呼吸で赤ちゃんを意識することや、
妊娠中の体の不調を改善するなど、良いことばかり。


実際、一緒に勉強した仲間の中に、4人の妊婦さん。
そのうち、お一人は33週でお腹も大きい妊婦さんでした。


私も、お腹にモモンガのぬいぐるみを入れて、
妊婦になりきって勉強しました。
お腹があるのと、ないのとでは、全然違いますから。

ヨガはいつも思うのですが、勉強すればするほど、
奥がどんどん深くなるので、
人の神秘に触れていくようで、とてもおもしろいです。
 
自分のこわごわとした妊婦さんのイメージがパーッと
明るくなった感じ。
自分の経験もあるので、ゆっくり、のんびり、
赤ちゃんとともに、ヨガができればと思っています。



マタニティヨガは体にとっても、心にとっても、
お母さんになる人にとっても、赤ちゃんにとっても、
素敵な時間が味わえます。


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。