柔軟性がある体は怪我をしにくい!年齢を重ねると思わぬところで骨折とかも。体が柔らかければ…。

柔軟性がある体は怪我をしにくい!年齢を重ねると思わぬところで骨折とかも。体が柔らかければ…。

2019年06月13日(木)9:45 AM

厚生労働省が提供しているe-ヘルスネットによると、

柔軟性とは
『体力の一要素であり、筋肉と腱が伸びる能力のこと。動きのしなやかさだけでなく、
傷害の予防などにも関係する。』
とあります。

実際、生徒さんの中に、雨で濡れているホームで転んだとき、
「あの時体が硬かったら、ホームから転落したか、もしくは、骨折していたかも。」
と言っていました。
前後開脚のような状態になり、免れたそうです。

前述のe-ヘルスネットの続きに
『柔軟性は筋肉と腱が伸びる能力のことで、筋力・瞬発力・持久力・調整力とともに基本的な運動能力のひとつとされています。』

柔軟性には静的柔軟性と動的柔軟性があります。

『怪我の予防にや疲労回復には静的柔軟性を高めること、
競技能力には動的柔軟性をたかめるころが大切になります。』

今月の当スタジオの目標はずばり、
静的柔軟性を高めること。

日常ではなかなかやらない(まずやらない)、

前後開脚(猿神のポーズ・半分の猿神のポーズ)や、

今月前半は長座位体前屈(パッシモッタナーサナ)
今月後半は開脚座位前屈(ウパヴィシュタコナーサナ)

道具を使ったり、軽減したりしながら行っています。

当然のこと、何事にも無理はいけませんが、
今月は今までの自分を超えるためチャレンジしてもらっています。
(コツも伝授しています。)

e-ヘルスネットにも、
ヨガやピラティス・太極拳・真向法などは身体面から見ると、これらのストレッチングの効果を
最大限に利用したものとも言えます。』

「今までで、今が一番体が柔らかい\(^_^)/」
とは、生徒さんの弁。

何歳になっても、トライすれば体は応えてくれるのです💛


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。