忙しい12月だからこそ、ヨガ💛 自分をメンテナンスし、癒すには持って来いです。

忙しい12月だからこそ、ヨガ💛 自分をメンテナンスし、癒すには持って来いです。

2019年12月09日(月)2:04 PM

なんとなく気忙しい12月。
師走。
語源は、はっきりしないようですが、
「経をあげるために師僧が東西に馳せ走る月であるところから、シハセ(師馳せ)」
という説があります。

あれも、これもと用事も立て込んで。
忘年会、帰省の準備。
子供の冬休みや行事など、目まぐるしい日々が続く…。

忙しいは「心を亡くす。」と書きます。

私も、つい
「忙しいな。」
と口にしてしまいますが、なるべく、
「充実しているな。」
に言い換えるようにしています。

私がヨガの魅力を語る時、
ヨガには哲学があることをお伝えします。

八支則というヨガ哲学の基本的な教えの中に
ヤマ・ニヤマという言葉があります。
道徳・行動の大切なことが書かれています。

特にヤマのなかの
「アヒムサ」
日本語では「非暴力」と訳します。
暴力を振るわないということですね。

暴力というと、人に対して、殴るとか蹴るとかたたくとか身体的なものに感じますが、
それ以外にも、
心で思うこと、口にすること、
つまり精神的・言葉の暴力なども、しないということです。

自分・他の人・生きとし生けるものにと、あらゆること・ものに対してです。

「なんでできないの。」
「頑張ってやらなくちゃ。」
「邪魔ばかりして。」
「あの人~イライラするな。」

心の中で思っても、口に出しても、
暴力を与えていることになります。

特に、自分に対して、
「なんでできないの。」
「なんで頑張れないの。」
「あの人は、出来ているのに。」
「私ってダメだな。」
自分を批判したり、怒りをため込んだり、
これも自分に対する暴力です。

ヨガは、
「これをしないようにしましょうね。」
と、教えてくれているのです。

草木にも水を与えなけれならないと枯れてしまうように、
私達も心に潤いを与えてあげた方が良い。

ヨガはそんな時間を与えてくれます。

体が整うことで、余裕が生まれ、
呼吸を意識することで、感情の起伏を抑え、
自分が本来どうしたいのかを気付かせてくれる。

この時期だからこそ、ヨガを行い自分に潤いを与えてあげましょう。



  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。