身長伸びました。年齢関係ないのね。

身長伸びました。年齢関係ないのね。

2017年11月05日(日)9:08 AM

「先生、身長伸びたんです。ヨガのおかげですかね。」

生徒さんに、報告いただきました。

私の生徒さんの中には、40歳すぎて、3㎝伸びたという人も。

成長期でしたら、あるあるですが。

身長は、年と共に縮む方が多いです。
自分の周りの年配の方に聞いてもいいと思いますが、縮んたという人は、
少なからずいると思います。

「昔は、150㎝超えていたんだけどね。今は全然ないわ。」

身長が縮む原因は、

○背が曲がる。腰が曲がる。といった背骨の曲がりによるもの
○脚の直立性が弱くなる。(膝が常にやや曲げた状態になる。)
○加齢により、椎間板の厚みが減少する。(椎間板の水分量が少なくなる)
○骨粗鬆症による圧迫骨折

じゃあ、そうならないためにどうするか。

○姿勢の悪さで(背中が曲がる。腰が曲がる。膝が曲がる。)引き起こしているのなら、
 筋力をつけるのが、一番良いでしょう。
 腹筋や背筋などが衰えて、骨盤や脊椎を支えきれなくて、姿勢を保てなくなり、縮むからです。

ヨガや社交ダンスは、特別な筋力トレーニングをしなくても、
バランスの良い筋肉をつけることができます。
特に、社交ダンスは、年齢を重ねても姿勢が悪いという人は皆無です。


○骨を強くする。
 1つには、食事。
 1つには、運動。
 骨は、刺激を与えなければ、鍛えられません。
 適度な、衝撃が必要なのです。
 その点、歩く、ウォーキングは程よく刺激をあたえてくれると思います。

 膝など痛みがなければ、ランニングもありだと思います。
 階段の昇降もいいですね。

ただ歩くことも、姿勢が大事なのは言うまでもありません。
正しい歩き方をしなければ、効果がでないばかりか、痛める原因になることもあります。

私が、生徒さんによく言うのは、体は軽くすることができるということです。
体重とは、別の話です。
質量が変わるわけではありません。

みなさん、こういう経験ありませんか。

★友人がお酒で酔っ払って熟睡してしまった。
 担いで動かすしかないが、重くて動かない。

 これが、少しでも意識があれば、結構運べたりできるのです。


★子供が寝てしまった。
 抱いているけど、重い。

 これも、起きている状態でいると割と抱いていても大丈夫。

つまり、姿勢が悪いと、グターっとした上半身を下半身が支えているわけです。
どれだけ下半身に重みがかかっているか。

どれだけ、腰と膝と股関節に重さをかけているか。

姿勢を正せば、寝た子を起こすことになり、負担が減ります。
医学的にははっきりわかりませんが、経験値で確実に下半身の負荷は減ります。

重いの載せて歩くなんて、関節や骨、かわいそうじゃありませんか?

私は、みなさんに、健康で元気に痛みなく年齢を重ねていただきたいのが信条です。

最初に述べたように年齢は関係ありません。
若い人でも、
「これは、将来、痛めそうだな。」
という人は、多くいます。

早いに越したことはない。

お医者さんから、
「これはどうしようもない。」

と、言われる前に、自分を見つめてみましょう。


  |  

過去の記事

メディア掲載情報