怒らない方法

怒らない方法

2017年11月14日(火)1:12 PM

「先生、それ、私だったら怒っている。」

生徒さんに言われて、
「そうだよな。」
と、思った私。

宅配便の受け取りで、宅配会社のミスが3度続き、
もちろんその度に電話をかけて。

もちろん、腹は立っているけど…腹は立っている気がするけど。
「んっ?」

そんなに腹立っていないかな。

っていうより、「宅配会社大丈夫!?」という気持ちが先に。

今、人手不足っていうからな。
新人ばっかりなのかな。
会社大丈夫?

感情はたくさんあるけれど、怒りの感情は基本的に負の感情だと思います。
(怒りを糧に頑張るというのもありますけど。)

今回、怒りのおこる原因を考えると、自分の時間を奪われたということ。
連絡先を調べ、連絡し、荷物が届くのをひたすら待つ。
ミスが続き、その理由も開いた口が塞がらない理由。

今回、あまりにも馬鹿げた理由すぎて、
あっけにとられたのもあるかもしれませんが、
怒りの仕組みと対処法をわかっていれば、あんまり怒らなくて済みます。

まずは、怒りが湧き上がってきたら、
(冷静に観ている段階でほぼおさまりますが、)
何で、怒りたいかを考えます。


今回は、前述した通り、自分の時間を奪われたから。
時間を奪われることは、自由を奪われるということ。
それは、本能で、人間は不快と感じれば、不安や恐怖と同じく、
「命が傷つけられる?」
と、脳が判断してもおかしくないのです。
ストレスという考え方はここに行きつきます。

だから、怒りの感情がわく。
「どうしてくれるんだ。」
ですよね。

情動が暴走するときは、本能、脳の扁桃体が活発に動きます。
それを、抑え込めば衝動をおさえられるのです。

それを抑えるのは、前頭前野と言われています。
だから、理論的に考察するのです。
前頭前野を活発にするために。

そうすると、あら不思議。
怒りもどこかへ、飛んでいきます。

ネイティブ・アメリカンの教え
怒りは自分に盛る毒

その通りだと思います。



  |  

過去の記事

メディア掲載情報