プロフィール紹介

プロフィール紹介

インストラクタープロフィール紹介

インストラクター

内堀 祐子

  • ハタヨガアライアンス RYT200(全米アライアンス認定)
  • リストラティブ・トレーニング修了
  • プラナヤマと瞑想の初級指導者養成講座終了
  • マントラ ヨガアライアンス RYT200(全米アライアンス認定)
  • 大学入学と同時にボールルームダンスを始める。
  • 全日本学生競技ダンスラテン部門 チャンピオン
  • 全日本選手権ラテンダンス部門 5年連続チャンピオン
  • スーパージャパンカップラテンダンス部門
    5年連続チャンピオン
  • アジア環太平洋選手権 日本人初優勝
  • 日本代表選手として、世界選手権、ワールドカップ、
    アジア選手権出場
  • (財)日本ボールルームダンス連盟
    プロダンスインストラクター免許取得

内堀ソシアルダンススタジオ 経営・指導


18歳でボールルームダンスに出会いました。(それまでは、ダンスと全く縁がありませんでした。)
ダンスを追及していくなかで、クラッシックバレエ、ジャズダンス、ウエイトトレーニング等を取り組み、自分の糧としてきました。
2007年ヨガと出会います。
今でも覚えていますが、初めてヨガをした時、心がワクワクするような、開放感と静寂につつまれる、言葉では表現できないものを感じました。
体もじっくり、どっしりと落ち着いて、広がっていく感じに魅了されました。
2014年、本格的にヨガを学び始め、自分を見つめる大切さ、呼吸の重要性、なにより、哲学が存在し、すべてに意味があることに感動しました。

日々、ヨガを実践していく中で、自分の心と体のありようもわかってきます。
ボールルームダンスを練習しますが、自分でも驚くほどバランスがよくなりました。
筋肉・関節の状態を把握し、どこまで今できて、やりすぎなのか。
体と対話することもできるようになりました。

日々自分を見つめる時間をつくりますが、座をして気付くと何十分と時間が過ぎています。
以前だと、そんなに長く座を組むことはできなかったでしょう。

筋肉のこわばり、関節のこわばりをときほぐし、心の溜まりも浄化していく。
ヨガの時間が皆様に清涼剤となり、活力になれば嬉しく思います。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

過去の記事

メディア掲載情報