健康寿命と人生・生活の質(QOL クオリティ・オブ・ライフ)

健康寿命と人生・生活の質(QOL クオリティ・オブ・ライフ)

2018年04月05日(木)5:11 PM

年を重ねた人から、話を聞く機会があって、

「子供には、迷惑かけたくない。自分の足で、最期まで歩きたい。」
とか、
「色々なところが痛くて病院に行っても、動いて下さいと言われるんですよね。」

健康寿命という言葉知っていますか?
健康寿命とは、健康上問題ない状態で日常生活を送れる期間のことです。

誰しも、健康でいきいきと生活したいと思うでしょう。

厚生労働省の発表によると、平均寿命と健康寿命の差は、
男性で約9年、女性で約13年あります。

健康寿命の定義は、各自治体で違ったりするようですが、
要支援・要介護ではない状態とみなしているところもあるようです。


要支援・要介護の要因の第一位が
「運動器の障害」
と、知っていましたか?

30歳代までは、まだ、ピンとこない方も多いかもしれませんね。
(つまり、40歳代に入ると、急に色々なことが起こるということです。)

先日、ヨガの講師であり婦人科の先生の講義に参加して、
「なるほど。」
と、思わずうなずいてしまうお話がありました。

生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を保つには、3つの大事なことがあります。
食事・睡眠・運動です。
食事と睡眠は生きていく上で、誰もが必ずしていることでしょう。
運動だけは、選択になっているのです。
若いときから心がけて運動している人と、していない人。
体は明らかに違ってきます。
ここにいらしている方は、意識の高い集まりですけど(笑)。
できれば、ここにいらしていない人に気付いてもらいたい。」

学生に講義をしていますが、学期初めに必ずいう言葉があります。

「人によっては、運動というものが、学生時代で終わってしまう人がいるかもしれません。
すでに、体育という授業を受けていないとしたら、運動から遠ざかっている人もいるでしょう。
社会人になって、時間の余裕がないとしても、なんらかの機会をつくって、
運動をしてもらいたいと思います。」

20歳そこそこじゃピンとこないとは思いますが(笑)。
それでも、運動の大切さをしっかり伝えようとしています。

つまり、健康寿命と生活の質の保持は、一夜にしてならずです。
日々ですね。


  |  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。