スタジオで話題になりました…排尿トラブル等、大事なのは骨盤底筋

スタジオで話題になりました…排尿トラブル等、大事なのは骨盤底筋

2018年05月23日(水)4:22 PM

先日、スタジオで生徒さん達と大いに盛り上がった話題。

「テレビで、カリスマ主婦を放送していて、膣の辺りを締めるって言っていたのですが。
いまいち、締めるってことがわからないんです。
子宮脱もテレビで見て、怖くなりました。」

骨盤底筋とか、骨盤底筋群とか言われますが、
骨盤の底部にハンモックのようにある筋肉で、
子宮、膀胱、内臓を支えています。

年齢とともに、衰えて、緩みがちになり、トラブルになります。

ハンモックのような筋肉と考えるだけで、緩みやすそうですよね。

でも、筋肉。
鍛えられるはずです。

ヨガのアーサナ(ポーズ)にも、効果的なものがありますが、
その前に、

「締めているところが、果たしてあっているのか、
できているのかが、よくわからないんです。」

男性でしたら、おしっこの途中でおしっこを止める感じとか、伝えますが、
女性は子宮がありますので、私は、子宮と肛門の間辺りを引き上げる感じです。
ハンモックの真ん中をキュと引き上げる感じ。

「引き上げるって、言われても。」
「じゃあ、途中でおしっこ止めてみる?」
「止まりません。」

まるで、漫才の会話のようになってしまいました(笑)
スタジオ爆笑。

でも、意識ですね。
骨盤底筋体操といわれるものは、肛門と膣を引き上げたり、ゆるめたりを繰り返す運動です。
だいだい、意識すれば、ほぼあっているような気がします。

ただ、私は、明らかに吸い込んでいる感じがあります。
それも、器用にその部分だけ。

お腹の力でもないし、確かに微妙な感覚といえば、感覚。

ただ、これができるようになると、
骨盤底筋が鍛えるられ、良いことだらけ。

尿漏れなどのトラブル改善
姿勢が良くなるので、腰痛、肩こりも改善
ウエスト周りも引き締まると言われています。

その日は、セツバンダーサナ(橋のポーズ)
     マラーサナ(花輪のポーズ)
等、骨盤底筋にアタックするポーズを多く行いました。

みなさんに色々疑問、質問を言ってもらうのは、他の生徒さんにも勉強になるし、
私も皆さんの悩みがわかってとっても嬉しいです。

少しでも役に立ちたいですから。


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。