インフルエンザが流行っています😞。予防はいかに。

インフルエンザが流行っています😞。予防はいかに。

2019年12月24日(火)8:35 PM

インフルエンザ流行の話がメディアで言われています。

インフルエンザになると、体が辛いのはもちろんのこと、
人にうつしてしまうので、自宅から出られない期間があります。

イベントが多い季節には厄介な病。

特に受験生のいる家庭は嫌な病です。

良く聞く基本的な予防は、
「疲れをためない」
「栄養のある食事」
「睡眠」
「早寝早起き」
「手洗い・うがい」
「マスクをする」
「乾燥させない」
でしょうか。

私は免疫を上げるのも効果があると思います。

みなさん、「リンパ」という言葉を聞いたことがあると思います。

「リンパ系」には3つの働きがあり、
1.組織から余剰になった液を取り除く
2.消化吸収された脂質を循環系まで運ぶ
3.免疫担当細胞の産生
        (ウイキペディアより)

リンパには、感染に対する防衛機能、いわゆる免疫機能があります。

風邪をひきにくくする
つまり、インフルエンザにも負けない体をつくる。

血液は心臓の働きで流れていますが、リンパは筋肉を動かしたりしないと流れていきません。
筋肉をよく使うか、マッサージをする方法もありますね。

当ヨガスタジオでは、始める前に体をさすることから始めます。
足の指からスタートして、脚・頭・顔・手・腕をさわっていきます。
イメージは、流れを良くして、詰まりを取るです。

リンパは「下水管・排水管」に例えられます。
詰まっていたり、流れが悪いと大変なことに。

今日さらに驚いたことがあって、
なにげなく見ていたテレビ番組で、
インフルエンザ予防に
「唾液を出すのが良い。」
という話がありました。
唾液をだすマッサージというか、顔を触るところをやっていたのですが(耳の下あたり)、
レッスン前に行っている位置を触っていました😲

効果があるので触っていましたが、唾液にも関係していたとは初めて知りました。

ここ数年インフルエンザにかかったことのない私。
娘がインフルエンザにかかり、添い寝をしていた時もうつりませんでした。

ヨガのおかげだと思っています。

腹式呼吸もお腹のリンパを刺激するようですよ。

恐るべしリンパの力。
免疫上げて、病に負けない体づくりをしましょう💪

追記:
心の持ちようも大事か思います。
娘がインフルエンザなった時は、隣に寝ながら、
「ヨガをしているから、私には絶対うつらない。」
と、思って過ごしていました(笑)。


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。