季節の変わり目ですね。体調不良を理解しよう。

季節の変わり目ですね。体調不良を理解しよう。

2017年09月09日(土)1:35 PM

9月に入り、秋の気配が漂ってきました。
暑さも落ち着いて、寝やすくなりましたね。



ただ、清々しい日もある反面、急に雨が降ったり、暑くなったり、
寒くなったり。
気候の変化も激しくなっています。

気温の変化が激しいと、体は機能維持するのに負担がかかり、
日頃、なんでもなく乗り越えていたことも、
症状として現れてしまうことがあります。

「疲れがとれない。」
「体がだるい。」
「とにかく、眠い。」
「夜、なかなか眠れない。」

痛みが出てくる人や、精神的に落ち込む人もいます。

よく自律神経のバランスが崩れる。
自律神経失調症と言われることがあります。

自律神経って何でしょう?

自律神経とは交感神経副交感神経の2つで構成されており、
不随意、つまり、意志とは関係なく、働いている神経系と言われています。
循環、呼吸、消化、体温調節、代謝などをつかさどっています。

交感神経は、活動している。
      エネルギッシュ。
      心拍数が上がる。
      血圧が上がる。
      呼吸が速くなる。

副交感神経は、眠っている。
       リラックスしている。
       血圧が下がる。
       呼吸がゆっくりになる。


バランスが大事といわれていますが、現代ではどうしても交感神経が大きく働きがちです。
ストレスも大きく関係しています。

ヨガは呼吸を大事にしながら動きますが、この呼吸こそが、バランスを整える1つの鍵です。 

軽い運動、規則正しい生活、良い睡眠、少しでも心がけてみましょう。

また、自律神経は不随意神経といいましたが、近年、中枢性自律神経ネットワーク(CAN)の存在がわかり、
CANが興奮すると、交感神経が大きくなることがわかってきています。
このCANを抑えるのが前頭前野と言われています。
瞑想のレッスンで脳のお話をしますが、瞑想もまた、バランスをとるための最適な方法なのです。


  |  

過去の記事

メディア掲載情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。