「チャクラ」とは。エネルギーの凝縮しているところ。

「チャクラ」とは。エネルギーの凝縮しているところ。

2021年05月15日(土)9:32 PM

「チャクラ」という言葉、
聞いたことありますか?

私がヨガに踏み込むまえは、
全く知らない言葉でした。

チャクラとは


簡単に言うと、
人体の頭部と胸部、腹部に
エネルギーの凝縮して渦巻いているところです。

「チャクラ」はサンスクリット語で、
「円、車輪、輪」と言われます。

これが整っていると、調子が良い。
乱れると、具合が悪くなる。

車輪がクルクル、リズム良く
適度な速度で回っている
イメージです。

流派によっても
違いますが、

7輪あるとされています。

*骨盤底筋群・仙骨
*丹田
*へそ・みぞうち
*胸
*のど
*眉間少し上
*頭頂

エネルギーは見えない

身体は私たちがわかりやすい部分

ただ、どんなに体調が良くても
雨だと気分が下がったり、

良いお天気で
ルンルンしたいのに
なんとなく気乗りしなかったり

あと、
なんとなく、あそこには近寄りたくないとか。

「エネルギーチャージしよう!」
何かのコマーシャルであったような。

このエネルギーを整えようとするのがヨガの一つでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白くて、
この7つのチャクラ

色や音や身体の特定機能
精神面での特定機能が割り振られています。

例えば、
骨盤底筋群あたり
脊椎基底部

「ムーラダーラチャクラ」
ムーラダーラとは、根・中心の支え
色は赤

ここが整っていると
こころと体に安定感がでます。

現代はどちらかというと
頭ばかりが勝る生活

こころが乱されることも多いでしょう。

グランディングの力が不足しがちです。

生きる力の源です。

他のチャクラを整えるためにも
まずこのチャクラがとても大切です。

足の裏の意識は大切ですね。

今週のヨガアーサナは、
足の裏と脚、骨盤にどれほどフォーカスしたか。
意識することで、骨盤底筋群もしっかりとしてきます。

・こころの安定と生活に向き合っていく自信
・疲労からの回復
・免疫力低下を防ぐ

こんな意味合いもあってヨガアーサナを意識しました。
上にいくほど、精神の領域にはいっていきます。
奥が深いです。








  |  

過去の記事

メディア掲載情報